V字編隊のマガンが「ねぐら入り」に向かう「宮島沼」 - 癒し雑記帳

RSSホーム

V字編隊のマガンが「ねぐら入り」に向かう「宮島沼」

宮島沼-02JPG
久しぶりに「宮島沼」のマガン「ねぐら入り」を
見ようと夕方行ってみました。
空には雲が多少あり、ちょっと心配でしたが
「大丈夫だろう」と、思い切って行くことにしました。



宮島沼-03.JPG
「宮島沼」は、札幌から北東に約42キロメートル、
美唄市(びばい)の西端に位置する、
国内で13番目のラムサール条約登録湿地





宮島沼-ハクチョウ.JPG
 秋と春、マガンやコハクチョウといった渡り鳥が
 飛来する地としてとても貴重な場所です。






宮島沼-マガン.JPG
「宮島沼」は、春秋のマガンの渡り中継地として有名。
秋には、マガンがシベリア東部から、越冬のため
日本へ渡ってくる。





札幌から国道275号をとおり、月形町市街から道道6号「岩見沢月形線」に分かれ、
石狩川を渡ると直ぐに「宮島沼」への案内板により道道33号「美唄月形線」に分かれる。
後は「宮島沼」への案内板が要所にあるのでそれに沿って進みます。

「宮島沼水鳥・湿地センター」と駐車場は沼の南東にあり、駐車場は無舗装ながら
無料で完備されています。

宮島沼-01.JPG
「宮島沼水鳥・湿地センター」建屋内を通り抜けると
水辺に観察場所があり、未だ落日には相当の時間が
あるのですがカメラの撮影で待ち構えている
人が既にいます。





宮島沼-観察小屋.JPG
また、「宮島沼水鳥・湿地センター」を通り抜けて 
直ぐ右側歩道を進むと100M程に「水鳥観察小屋」も
あります。






マガン観察の圧巻は、夜明け時の「ねぐら立ち」と日の落ちる時間の「ねぐら入り」です。

宮島沼-マガン群.JPG
夕方の時間でしたので今回は、「ねぐら入り」です。
夕日が沼に沈み始める頃から、ねぐら入りは始まります。




宮島沼-マガン飛来JPG.JPG
マガンは四方八方からグループごと、
V字飛行で飛んできます。
沼の近くになると隊列が乱れ、沼に突入していき着水します。




宮島沼-マガン群.JPG
着水すると、いつの間にかその集団が横長に
見事なまでドンドン伸びていきます。






マガンは律儀というか、整列された兵隊のような感じ。

宮島沼-マガンV字編隊.JPG宮島沼-マガンV字編隊崩れ.JPG






マガン達は、最初に飛来訪れるのがここの「宮島沼」で、次の中継地ウトナイ湖
秋田能代の小友沼を経由して、越冬地の伊豆沼・蕪栗沼へと行くようです。

毎年、春秋と里帰りの子や孫を迎えるような気がしてならない。
ゆっくり休んで「道中、元気で!!」と、激励と安全を願わずには居られない
光景であります。


「宮島沼」データ。
 宮島沼(北海道美唄市)のホームページから
⇒⇒ http://www.city.bibai.hokkaido.jp/miyajimanuma/index.php
 住 所 :〒072-0057 北海道美唄市西美唄町大曲2区



人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2