春の「洞爺湖一周」ドライブでゆったり観光。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

春の「洞爺湖一周」ドライブでゆったり観光。

未だ桜の季節には早いのですが、
日増しに暖かさも増してきたので洞爺湖を廻ってくることにしました。

洞爺湖.JPG
洞爺湖まで札幌から車で国道230号を約2時間、
日帰りのドライブには丁度良い!
季節ごとの景色が楽しめる名所や神秘的な光景の
洞爺湖周辺。
春の洞爺湖周辺へのお出かけは初めてです。




湖の東側を道道132号洞爺公園洞爺線、とうや・水の駅.JPG
北西部を道道578号洞爺虻田線が通っており湖畔を
一周することができます。
無料の駐車場もところどころあるので、洞爺湖を
ぐるりと1周ドライブしていてビューポイントが
目に入ると降りてみることが出来ます。
洞爺湖一周のスタートは「とうや・水の駅」からです。


とうや・水の駅」は洞爺湖温泉街の反対側の岸にあり、目の前に湖が広がる
ロケーションは「洞爺湖にきた!」っと、感じさせます。春のうららかな湖面です。

春の洞爺湖.JPG春うららかな洞爺湖.JPG








次に「浮見堂公園」にいってみました。
洞爺湖の北西岸にある浮見堂公園があり、浮見堂公園内の洞爺湖へ張り出した岬の先に
浮見堂」があります。浮見堂には聖徳太子の本尊が祀られているのだそうです。

浮見堂公園.JPG岬の先の 「浮見堂」.JPG洞爺湖「浮見堂」.JPG


洞爺湖「烏帽子岩(えぼし岩)」.JPG
「浮見堂公園」から、もう一度「とうや・水の駅」に
戻り、湖の東側北海道道132号洞爺公園洞爺線を
通り洞爺湖温泉側に行きました。
途中、湖の反対の山側を見ると、ひときわ目立つ
岩頭があります。
烏帽子岩(えぼし岩)」というそうです。




又、車で走る途中では、湖の東側から見える中島や有珠山等の背景の
様々な洞爺湖の光景が楽しめます。

春の洞爺湖一周-1.JPG春の洞爺湖一周-2.JPG春の洞爺湖一周-3.JPG

温泉街の湖に沿ってある遊歩道に足湯「洞龍の湯」あります。

洞爺湖温泉JPG春の洞爺湖遊歩道-28.JPG足湯「洞龍の湯」.JPG

足湯に浸かりながら、眼前に広がる洞爺湖と蝦夷富士の眺めを堪能できます。
蝦夷富士を背景にゆったり走る遊覧船を見るのも感動ものです。

洞爺湖と蝦夷富士.JPG春の洞爺湖と遊覧船.JPG








ここを楽しんだ後は、温泉街を出て道道578号洞爺虻田線から国道230号をとおり帰途につきました。
温泉街から車で約15分、湖畔を離れ道路を登り切った所に「サイロ展望台」がありました。
「サイロ展望台」は、北海道洞爺湖の西岸、洞爺湖を囲む台地の上にあります。
温泉街とは違う角度、高さから洞爺湖を見下ろせる絶景ポイントです。
洞爺湖の大パノラマの絶景が広がり、
洞爺湖をはじめ、中島、有珠山、昭和新山等を一望できます。

春のサイロ展望台.JPGサイロ展望台.JPGサイロ展望台から春洞爺湖全景.JPG

春の「洞爺湖一周」は、夏の混雑と違うゆったり観光で十分楽しめました。


「浮見堂公園」データ。
洞爺湖観光ホームページから。
⇒⇒ http://www.town.toyako.hokkaido.jp/tourism/park/prk009/


住所  :虻田郡洞爺湖町洞爺町
電話番号(問い合わせ):
     0142-82-5111(洞爺湖町役場洞爺総合支所)
交通  :道央道虻田洞爺湖ICから道道230号経由約20分
入園料 :無料
駐車場 :無料、約50台あり


「サイロ展望台」データ。
支笏洞爺国立公園 サイロ展望台ホームページから。
⇒⇒ http://www.toyako.biz/

住所 :北海道虻田郡洞爺湖町成香3-5
電話・FAX:TEL:0142-87-2221 / FAX:0142-87-2307
営業時間 :5-10月 8:30〜18:00 / 11〜4月 8:30〜17:00
      12月31日〜1月3日は10:00〜15:00の短縮営業となります。






人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2