滝の音だけの静寂な世界、冬の恵庭渓谷。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

滝の音だけの静寂な世界、冬の恵庭渓谷。

冬の「恵庭渓谷」にある3つの滝、白扇の滝ラルマナイの滝三段の滝
觀に行きました。
素敵な紅葉の「恵庭渓谷」は何度も観ているのですが、
ふと、冬の「恵庭渓谷」の滝を観てみようと思い立ち行きました。

いつものように、札幌市の南区真駒内から車で支笏湖畔に向かう
国道453号線を千歳(支笏湖)方面に向かいます。

途中、道道117号(恵庭岳公園線)と合流する「ラルマナイ公園」.JPG
地点があります。
そこを左折して道道117号を恵庭方面に進むと
約6Km程で、紅葉の時期にはにぎあう恵庭渓谷
に到着します。
付近は「ラルマナイ自然公園」となっています。



道道117号線沿いに「恵庭渓谷」は広がっています。
「恵庭渓谷」の中心になっているラルマナイ川が流れています。

ラルマナイ川.JPGラルマナイ川・渓谷.JPG







恵庭市の恵庭渓谷を流れる漁川支流のラルマナイ川にある「白扇の滝」。
道道117号線沿いに「白扇の滝」の駐車場があります。

駐車場から雪のないときには階段の遊歩道を下りるのですが、冬は積雪のため
道がありません。
雪に消されたポツポツと影のある人の歩いた跡が有ったので、同じ方向に
埋まりながら下りていきます。(スノーシューがあるとよかったのですが...。)

やがて滝が良く見えるビューポイントに到着します。
「白扇の滝」は、高さ15m幅18mほどの真っ白な扇を広げたような
優美な姿に見える冬の「白扇の滝」も絶景である。
見どころは、少し奥の滝の落下底付近の渓流、落ち口、滝正面と幾つかあります。

白扇の滝・落ち口.JPG白扇の滝-落下底.JPG白扇の滝滝正面.JPG

「白扇の滝」から、更に500m程恵庭方面進むと左手に「ラルマナイ滝」の
駐車場があります。
ここの駐車場のトイレは冬も使用できる模様です。

そこから、雪のないときには遊歩道が延びていて歩くとよいのですが、
ここも雪に消された、人が歩いた跡を埋まりながら「ラルマナイ滝」に
架かっている橋のようなビューポイントまで行きます。
ビューポイントから見える滝の上流部や、ビューポイントから
滝の下流部が見下ろせます。

ラルマナイの滝・上流.JPGラルマナイの滝・下流.JPG







「ラルマナイの滝」駐車場に戻り道道117号線沿いをラルマナイの滝・合流.JPG
恵庭方面に歩くと直ぐに橋があり、
そこから「ラルマナイの滝」から
ラルマナイ川本流に向かって落ちているのを
見下ろすことができます。




「ラルマナイ滝」の駐車場があり、さらに恵庭方向に進むと三段の滝.JPG
左手に「三段の滝」の駐車場があります。
しかし、冬は雪が積り駐車するところがなくなっていますので、
やむを得ず、少し手前の橋の上から覗いてみました。

三段の滝」は、白い帯が三段になって
恵庭渓谷を割るようにラルマナイ川に流れ
落ちることから名づけられたようです。
なかなかその全景を伺うことが出来ないのですが、
それがまたこの滝の神秘性を高めているようです。


紅葉の時期と異なり、この季節は自動車の通りも少なく
静かに落ちている滝の様子がゆっくりと見ることが出来ます。
騒音もなく滝の音だけの静かな世界に感動します。



恵庭渓谷【白扇の滝・ラルマナイの滝・三段の滝】データ。

恵庭市ホームページから
http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1365653405787/

連絡先:経済部 花と緑・観光課
電話番号:0123-33-3131 内線2521
FAX番号:0123-33-3137





人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2