感動がいつまでも消えない、コムケ湖の真っ赤なアッケシソウの光景。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

感動がいつまでも消えない、コムケ湖の真っ赤なアッケシソウの光景。

秋の「コムケ原生花園」に、それほど期待はしていなかったのですが寄ってみることに
しました。コムケ湖は、紋別市街からR230を湧別町寄りに約20km程進むと
左側に「コムケ国際キャンプ場」の小さな案内板が有り、コムケ湖に入る入り口になります。
そこから入ると、まもなく「コムケ国際キャンプ場」に着きます。

「コムケ国際キャンプ場」から見えるコムケ湖です。秋の風が少し有りましたので湖面が
さざなみになっています。

コムケ湖案内板.JPGコムケ湖.JPGコムケ湖原生花園方向.JPG

湖畔の「コムケ国際キャンプ場」を過ぎて直ぐに、舗装道路をまっすぐ行くと
シブノツナイ湖なので、舗装の無い左側に道を分かれて「コムケ原生花園」方向行きます。

コムケ湖1.JPG
砂地の道を進むと、コムケ湖は細長く複雑な形を
しています。






オホーツク海岸沿いに砂地の道があり、そこには原生花園もあり、夏にはオホーツク海特有の海岸植物のたくさんの花が咲くそうです。砂地の道の両脇にオホーツク海とコムケ湖を同時に眺めることができます。

折返し点があるかも?不明のまま、不安を抱えながら細い砂地の道を
どんどん進んで行きます。

コムケ湖の車道2.JPGコムケ湖の車道1.JPG







程なく湖の縁に赤い色が細長く見えてきました。

コムケ原生花園1.JPGコムケ原生花園2.JPG







過去に「旭川市の旭山動物園から逃げたフラミンゴが居着いた」という
このコムケ湖の奥に、今まさに、アッケシソウ(サンゴ草)の真っ赤な絨毯が
敷き詰めれれています。

コムケ湖のアッケシソウ1.JPGコムケ湖のアッケシソウ2.JPGコムケ湖のアッケシソウ3.JPG

海と交通しているために塩分が多く、周囲に湿地があるため、アッケシソウ(サンゴ草)の
生育が可能なのだそうです。

「折り返す場所があるか?」、とても不安のまま前にコムケ湖カンバン.JPG
進んで行くと、このカンバンのある所に橋が有り
そのまま国道につながる道であることが判明、
ホッとしました。





秋のコムケ湖の原生花園では、植物などの可憐な花々とコムケ原生花園-12.JPG
真っ赤に染まったアッケシソウ(サンゴ草)群を
観れました。






コムケ湖にはハクチョウガンもいます。

コムケ湖のハクチョウ.JPGコムケ湖のガン.JPG







初めはそれほどの期待はなかったのですが、コムケ湖の真っ赤なアッケシソウ(サンゴ草)を
観終えての帰りには、素敵な光景の感動がいつまでも消えませんでした。






「コムケ原生花園」データ。
「株式会社紋別観光振興公社 観光事業課」ホームページから
 ⇒ http://mombetsu.net/tourist-facilities/%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%82%B1%E5%8E%9F%E7%94%9F%E8%8A%B1%E5%9C%92

住所:紋別市沼の上
電話:0158-27-5181
シーズン: 春〜秋
駐車場:無料





人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、こんにちは。
北海道は、本当に広いですね!
50代ですが、来年の夏にでも行ってみたい〜↑
>砂地の道の両脇にオホーツク海とコムケ湖を同時に
>眺めることができます。
というのもいい感じです。
ぽちっとさせていただきました。
Posted by kinoka at 2017.10.22 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2