旭岳に紅葉の絶景を姿見散策コースで観る。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

旭岳に紅葉の絶景を姿見散策コースで観る。

旭岳は、日本で一番早く紅葉が始まることで有名です。紅葉の旭岳13.JPG
今年は少し遅れているような噂がありますが、
9月20日も過ぎたので行ってみました。




駐車場では、今の期間は管理費として500円が紅葉の旭岳ロープウェイ.JPG
掛かるので支払い山麓駅前に止めました。
旭岳山麓駅から旭岳ロープウェイが上がり始めると、
直ぐに眼下が色づき始めた森林に変わります。





紅葉の旭岳.JPG
旭岳ロープウェイの上がった駅、
「姿見駅」で赤く染まった素晴らしい景色が
いきなり飛び込んで来ました。
寒いこともあったのですが身震いをする感じです。




 素晴らしい光景に胸膨らませて、紅葉の旭岳姿見駅.JPG
 1周約1時間1.7kmの紅葉の「姿見散策コース」を
 巡ることにしました。

 第一展望台へと向かいました。
 いきなり急な坂で息を切らせながら上りました。
 姿見駅方向には赤や黄色に色が変わっている光景が
 広がります。

紅葉の旭岳姿見駅側から.JPG
広がる紅葉の旭岳.JPG










 次いで満月沼を横に見ながら第三展望台へ。紅葉の旭岳鏡池.JPG

 第三展望台の前側に「鏡池」と
 すり鉢状の「すり鉢池」があります。
 両方の池を合わせて「夫婦池」と言っています。



紅葉の旭岳夫婦池.JPG
第三展望台から第四展望台に行く時も急な坂を
上がります。
途中で左側のすり鉢池、右側の鏡池の
「夫婦池」が同時に見れます。





紅葉の旭岳噴気孔.JPG 第四展望台からダラダラの上り坂を登り、
 途中で「姿見の池」を右横に見ながらもくもくと
 白煙を上げる旭岳の噴気孔に行きました。
 噴気孔からは激しい水蒸気の噴出と大きな音が
 出ています。



紅葉の旭岳姿見展望台11.JPG
又、少し戻り「姿見の池」を左に見ながら
姿見展望台へと向かいます。







紅葉の旭岳愛の鐘10.JPG 姿見展望台には、塔の様な建物「愛の鐘」が
 あります。
 雲がかかると急に寒くなり、かじかむ手で
 鳴らしています。




それを過ぎると石造りの避難小屋、旭岳石室があります。
そこを見ながら第五展望台へと向かいます。

第五展望台へ着いた時は、旭岳の頂上は雲で覆われ
紅葉の旭岳頂上.JPG
見えませんでした。
ここまで来たのでじっくり休憩を取り、
雲が消えるのを待つことにしました。





紅葉の旭岳全景.JPGしばらくすると雲が消え始め、
姿見駅に到着してから初めて旭岳の頂上が見えました。
待った甲斐があり感激です。

周りも一気に明るくなり紅葉も色鮮やかに見えます。

ここからは姿見駅に戻るだけ、
旭岳の雄姿を何度も振り返り見ながら帰ります。

帰りのロープウェイでは、
絶景を思い出しては感動を繰り返していました。


人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442164801
この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2