エゾカンゾウ満開のサロベツ原生花園からみる利尻富士は絶景。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

エゾカンゾウ満開のサロベツ原生花園からみる利尻富士は絶景。

サロベツ原生花園では、エジカンゾウのサロベツ海岸から利尻富士.JPG
6月〜7月頃に行くと花々が一斉に咲き乱れて、
「絵はがきのような風景を眺めることができる」と
言うので、急に思いたち行ってみることにしました。




オロロンラインを国道231号線、232号線と
北へ走り更に道道106号を稚内方面へ行きます。

出発するときは晴れの様相でありましたが、稚咲内の「砂丘のえき」に着くころには
横殴りの雨のような濃い霧が風に飛ばされていました。

「今日来たのは失敗だったかな?」と、思いながら仮眠を取ることにした。

夜には、海岸の道道106号線沿いの花の写真や景色を楽しむ余裕も
視界もなかったので、「なんとか天気が良くなってほしい」と祈りつつ
道道106号線と国道40号線を結ぶ道道444号線を
サロベツ湿原センターへと向かいました。

国道40号線と道道106号線結んでいる距離のサロベツ湿原センター.JPG
ほぼ中央部当たるところの林に囲まれた中に
「サロベツ湿原センター」があります。

ここは、サロベツ原野の東の端にあたるそうです。



朝、8時頃ついたので開館時間になっていない為サロベツ原生花園_木道.JPG
サロベツ湿原センターの横の木道を歩き始めました。
この頃には運良く、空の一部に青い部分が
見えるように雲が切れてきました。






滞在時間3時間程度、サロベツ湿原センターと遊歩道歩きで午前中のんびり過ごしました。
サロベツ原生花園.JPGサロベツ湿原.JPG







天気も良くなり、エゾカンゾウカキツバタが見頃の時期で湿原に見事に映えています。
サロベツ原生花園_エゾカンゾウ.JPGサロベツ原生花園_カキツバタ.JPG








 ワタスゲもよく見えます。サロベツ原生花園ワタスゲ.JPG








 長い時間景色を眺めていると、サロベツ湿原_野鳥.JPG
 見えなかった遠くの野鳥が見えてくるように
 なりました。 木道には、野鳥を撮影している
 カメラマンが沢山います。





木道の途中にある展望台にはサロベツ湿原_展望台.JPG
「天気のいい時にこちらに利尻富士が見えます」と、
案内文があるも、残念ながらその方向に雲があり
全く見えませんでした。

「今日は利尻富士の雄姿は見れないのかな?」
と、思いながら「サロベツ原生花園」には満足
して帰りにつきました。

サロベツ湿原センターを後にして稚咲内に戻る途中で
なんと!!、利尻富士が見え始めました。
利尻富士.JPG
「これはラッキー!」と思い、稚咲内方向に戻り、
道道106号線を更に稚内方向に走りました。

雲が薄くなり、サロベツ海岸のエゾカンゾウと
利尻富士のコラボの写真を見ているような景色が
現れました。

稚咲内やサロベツ海岸からは美しい利尻富士を見ることができ、
最近に無く、満足のできる癒やし光景でした。



「サロベツ湿原センター」データ。
「サロベツ湿原センター」ホームページより。
⇒ http://www.sarobetsu.or.jp/center/

サロベツ湿原センター
住所:北海道天塩郡豊富町字上サロベツ8662
電話: 0162-82-3232
開館時間:5月〜10月 09:00〜17:00(休館日なし)
     06月〜07月 08:30〜17:30
     11月〜04月 10:00〜16:00(月曜休館)





人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2