石狩川河口の堤防に立つと、静かな癒し光景。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

石狩川河口の堤防に立つと、静かな癒し光景。

石狩市の「番屋の湯」へ行ったので、
冬の石狩灯台を見ようと北海道道225号石狩川河口堤防.jpg
で石狩本町を通過して石狩八幡神社の横を通り、
はまなすの丘公園ヴィジターセンター方面に向かった。

はまなすの丘公園、石狩灯台方向へ進むとまもなく
通行止め、道路の除雪がされていません。

喜びも悲しみも幾歳月」で冬の舞台となった灯台を
見てみたいと思っていたのですが、残念ながら
石狩川河口の堤防から遠くに赤と白の石狩灯台の
姿を眺めるだけです。

それにしてもここに立ち、石狩川河口の石狩川河口対岸.jpg
静かな流れと風の音を聞いていると今はそれほど
厳しさを感じません。

石狩川河口のここら辺りを、冬は川を凍らせた氷の橋を
人馬が渡っていたとか、想像が出来ない景色です。

そう言えば、相当昔にこの少し上流にあった渡船場石狩川河口上流側.jpg
来た記憶がありますが、この冬景色になると場所を思い出すのが大変です。

石狩川河口橋』が完成するまで、
対岸まで船で渡っていたのです。

現在は、春の近い時期にくると何かホッとして
癒される光景でもあります。


人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435466435
この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2