知床の海辺のワイルドな温泉、羅臼町相泊温泉。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

知床の海辺のワイルドな温泉、羅臼町相泊温泉。

知床羅臼町には秘湯が多くあると言われています。相泊温泉看板.JPG

その内の海辺に湧く温泉を目指しました。


羅臼市街から道道87号を知床半島の先端の方に行くと

この先は車両の通行が出来なくなる相泊という

行き止まりのところがあります。道々87号終わり.JPG


この少し手前に海辺に青い小屋の

相泊(あいどまり)温泉があります。


その2〜3キロ手前にも

瀬石温泉というのもありましたが

終端まできたのでここに入って見ることにしました。相泊温泉.JPG




駐車場もあり、車をおいて洗面道具をもって

海辺へ階段を降りていきます。

手前側から小屋に入るほうが男湯で、

女湯は奥の裏手入り口との案内があります。相泊温泉階段.JPG

小屋の中には簡易の脱衣場があり、男女別の浴槽で

仕切られているので女性も安心に入浴できそうです。


朝の入浴でしたので、

今日は始めて訪問者かな?と思いながら相泊温泉男湯入り口.JPG

小屋の棚板に衣服を置き、自分の洗面器で

体を拭いてから湯船にザブンと入る。

設備は何もないので、洗面道具一式を持ってきて正解。


上は熱かったが、入ってみると下がぬるい、

その場をかき混ぜてちょうどよくなった。

なにはともあれ朝風呂でさっぱりして上がる。相泊温泉浴槽.jpg


雲が切れ目なくある空模様なのだが、

立ち上がると前には国後島が妙に近く見える。

本当に近いのだと納得する。

この景色を見ながら、温泉に入れるとは本当に癒される

ところである。

しかも無料の温泉、これから峠を越えてウトロ側に

向かう元気が出てきた。



「相泊温泉」 データ
0153-87-2126(羅臼町役場水産商工観光課)

入浴可能期間  : 例年5月中旬〜9月中旬。 小屋は7月頃設置。
入浴可能時間帯 :日の出〜日の入り
         (ただし時化ている時は浴槽内に波が入るため入浴不可)
          また、日により清掃の為午前中入浴不可とのこと。

※清掃有無など入浴の可否は以下の
 相泊温泉管理人サイト「今日の相泊温泉」にて
 確認したほうが良いようです。
 http://aidomarionsen.blog43.fc2.com/


人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2