「吹上温泉保養センター白銀荘」、自然でリフレッシュ標高1000メーターの温泉。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

「吹上温泉保養センター白銀荘」、自然でリフレッシュ標高1000メーターの温泉。

富良野から旭川方面への国道237号を上富良野市街で分かれて
道道291号線を十勝岳温泉方面に向かう。

17Km程登って行くと、
十勝岳温泉方面との分岐点があり、左折します。

この道路、道道966号を十勝岳望岳台方面へ
2Km程で吹上温泉の露天風呂の看板があり、
もう500m程で「吹上温泉保養センター白銀荘」の看板が見える。

看板の方に入ると山小屋風
「吹上温泉保養センター白銀荘」があります。白銀荘全景

標高は既に1000mを越えている高いところにある
温泉なのだそうです。


前には広い駐車場に、そこから
十勝岳連峰の雄大な山岳風景を眺めることができます。

白銀荘の奥の方にはテントサイトがあります。吹上温泉テントサイト

吹上温泉保養センター白銀荘」には、
宿泊もできますが自炊の設備しかないらしいです。
 
 もう17〜8年近く前になりますが、
まだ、子供が小さいころに ここに来た時には
 テントサイトにてキャンプをしました。
 
 その時は、徒歩圏内には有名な吹上温泉の露天風呂もあるので
そちらに行ったり、白銀荘の温泉に入ったりしました。白銀荘入り口
 
今回は、富良野観光のついでに
単純にここの温泉に入ろうとの目的でやってきましたので
日帰り入浴です。
  
建物の中に入ると
浴場までは通路をとおり、
結構段数の多い階段を下りていく。白銀荘玄関

脱衣場には浴場へのドアが2つあり、ひとつは内湯、
もう一つは露天風呂行きです。

まずは内湯に入りました。
内湯には手前がヒバ造りの浴槽で、
奥にバイブラバス付きの岩風呂があります。白銀荘浴室前通路

ヒバの湯」は、湯は透明ですがお湯の成分で
浴槽の床や壁が茶色く変色しています。
やや熱めでした。

岩風呂の方は、こちらは42度くらいです。

この他に打たせ湯、寝湯、水風呂、サウナもあります。

次に露天風呂へ。 

内湯から階段を数段下りると大きな岩に囲まれた
湯船が4つありました。 

温度の違う岩づくりの浴槽が4つでした。

初めに手前の湯へ。
これは熱くてビックリしました。
ヒリヒリ痛いほどでしたのですぐ出ました。

湯船毎に、活力・ぽかぽか・のんびり、くつろぎ等と
分かれていますが 、2番目の「ぽかぽか」でも
3分も入っていられないほど結構熱かったです。

後の2つの浴槽はぬるめですので、のんびりと自然にふれながら
入っていられます。

その上に岩がプライベート空間を作り出しています。
大きな浴槽に、自分用の浴槽が出来ている感じです。 

この辺を観光した後には、必ず入って帰りたい温泉です。
身も心もリフレッシュします。



パンフレット より
「吹上温泉保養センター 白銀荘」データ

大雪山国立公園 十勝岳温泉郷
吹上温泉保養センター
白銀荘
〒071-05 北海道空知郡上富良野町十勝岳
tel:0167-45-4126/0167-45-3251
fax:0167-45-6634

◆泉質 酸性-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
◆効能(適応症)
 【浴用】神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき
    五十肩・痔疾・慢性消化器病・ 病後回復期・疲労回復・健康増進
    動脈硬化症・慢性皮膚炎・切りきず・やけど・慢性婦人病・冷え性
    虚弱児童
 【飲用】慢性消化器病・慢性胆のう炎・胆石症・慢性便秘・糖尿病・
    痛風・肥満症
 
■ 入館料
大人 600円
中・高校生 400円
小学生 200円
●利用時間:
 午前9時〜午後9時
●入浴時間:
 午前10時〜午後9時
 (入館は午後8時まで)


人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403240522
この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2