上富良野町、吹上温泉「吹上露天の湯」自然と一体になれるワイルドな湯。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

上富良野町、吹上温泉「吹上露天の湯」自然と一体になれるワイルドな湯。

旭川から富良野方面へ走り、美瑛市街から白金温泉方面に上る。

白金温泉街から十勝岳の麓、望岳台へ向かう。吹上温泉「吹上露天の湯」山道を下りていく

望岳台で涼しい空気と見晴らしのいい景色を見たのちに

望岳台から道道吹上線をさらに上富良野町方面へ向かう。

途中に吹上温泉「白銀荘」がある。

しかし、今回は吹上温泉「白銀荘」より5分ほど歩いて進んだところの吹上温泉看板

混浴無料露天風呂の吹上温泉「吹上露天の湯」である。

道路に「吹上温泉」の大きな看板が有るのでわかりやすい。



混浴無料露天風呂の「吹上露天の湯」は、

TVドラマ「北の国から」で宮沢りえが撮影のため、

入浴したことで一躍有名になったという。

過去にも何回か行ったことがあるが、いつも

休日はいつも混み合っている。そんな事もあって
吹上温泉「吹上露天の湯」中湯船
白日の下、入浴するには相当勇気がいる。

一度、吹上温泉キャンプ場に来たときの夜、

入浴したことが有ったがよく雰囲気が判らなかった。


今回は、観光客もほとんどいないし入浴している人も吹上温泉「吹上露天の湯」階段を下りると大湯船

下側の大きい湯船には一人、上の小さめの湯船には2人しか

いない。


思わず、「これは絶好のチャンス」と思い入浴した。
吹上温泉「吹上露天の湯」大湯船


脱衣場は暖簾のようなものが一枚下がっているだけである。

でも、湯船に浸かると雰囲気は一変、雄大な自然と

下からくる地球のエネルギーを全身にに感じる事が出来る。

今まで何回か来て、はじめて求めるモノに会ったようである。吹上温泉「吹上露天の湯」の由来


山から湧き出る源泉は

「石膏食塩泉で無色透明、無臭の温泉」で、

正真正銘の源泉掛け流しである。

飲用もOKのようです。


尚、脱衣場はないので女性は水着着用かタオルを

巻いて入浴することをおすすめとのこと。


吹上露天の湯での石鹸、シャンプー等の利用は禁止だそうです。



帰りは、この露天風呂から、

道道吹上線を上富良野市街方面に向かって走り、

2.5km進んだT字路を右折、

約17km進んで下りたところに上富良野市街がある。

富良野経由で国道452号線三笠市をとおり、

札幌まで約3時間、ぽかぽかと心地よい気分で帰途についた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吹上温泉「吹上露天の湯」のデータ

住所:  〒071-0579
     北海道空知郡上富良野町吹上温泉
TEL:   0167-45-6983
     (上富良野町産業振興課)
入浴料:  無料
営業時間: 24時間
定休日:  オールシーズンOK
駐車場:  あり(無料)

露天風呂(混浴2)


人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2