丸瀬布「森林公園いこいの森」の便り - 癒し雑記帳

RSSホーム

丸瀬布「森林公園いこいの森」の便り

4月に入って、季節が逆戻りをしているような日も多いが、やはり雪がなくなると、

もう早くも行楽のスケジュールが気になり始めた。

桜から始まる北海道のこれからの行楽時期が待ち遠しい。

丸瀬布のキャンプ場の便りもやって来た。

ここは、チューリップや近隣の町の芝桜を見に行くときの、拠点として利用させていただいたことがあるが、

今年も行ってみようかな?

一つの情報がこれからの時期の夢を膨らませてくれる。
以下全文引用【オホーツク新聞】2007-4-13

【遠軽】町丸瀬布の「森林公園いこいの森」が28日にオープンする。
同日午前10時からは、開園式のほか同公園内にある北海道遺産の
森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」の出庫式も行われる予定。

 同公園は、町丸瀬布の市街地から約9キロほど、上武利方面に向かった先にある公園で、
森林鉄道の雨宮号をはじめ、郷土資料館やいこいの森オートキャンプ場、各種遊具が揃っている。
オートキャンプ場など、園内全施設が同日オープンを迎える。

 園内にある雨宮21号は、1928年に雨宮製作所が製造した蒸気機関車で、
同町丸瀬布の森林鉄道として62年の廃線まで運行。その後、動態保存されて79年から園内で運行している。
今年も28日午前11時から第一便を運行する。

 また、オートキャンプ場は入村料が高校生以上500円、小中学生は300円。それぞれ、
フリーサイトは車種別に料金設定されており、4トン車以上は1000円、軽自動車以上は500円、
バイク等は200円となっている。
ほか、4人から6人用のバンガローと電源が備えてある第1オートサイトは2500円、
電源なしの第2オートサイトは2000円となっている。

 このほか、同公園の開園に伴い、丸瀬布昆虫生態館の開館時間も変更となる。
28日からは午前9時から午後5時まで開館する。休館日は毎週火曜日だが、祝日の場合は翌日休館となる。
大型連休期間は、毎日開館する。
 なお、同公園の開園期間は10月21日までを予定している。



人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2