大樹町、生花苗沼に今年は「御神渡り」出現?? - 癒し雑記帳

RSSホーム

大樹町、生花苗沼に今年は「御神渡り」出現??

厳寒期に入った大樹町生花苗沼に「御神(おみ)渡り」が

出現しているという。

長野県最大の湖「諏訪湖」が有名な御神渡りは、

湖沼面の氷が割れ目に沿って盛り上がる自然現象。

気温の変化で氷が膨張と収縮を繰り返すという、

複雑なメカニズムで起こるといいます。



大樹町、生花苗沼では、

湖沼面の割れ目に沿い、どこまでも続く氷塊。

湖沼面から30センチほど盛り上がった氷塊が

あちこちでつづらを折って沼を縦横断し、

神秘的な光景を生み出しているらしい。

「これぞ神の道。」と云われている。



生花苗沼では、毎年のように起きているとみられるが、

雪に閉ざされ、表に顔を出すことはあまりないそうです。


今年は例年になく、この地方が雪が少ないため

“神のみぞ知る道”を導き出したらしい。


生花苗沼の御神渡りは、

全面結氷している3月上旬ごろまでは見られるという。



人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2