積丹町、神威岬の遊歩道散歩、シャコタンブルーの海 - 癒し雑記帳

RSSホーム

積丹町、神威岬の遊歩道散歩、シャコタンブルーの海

国道229号線から別れ神威岬に入り、駐車場へと進みました。女人禁制の門を少し入ったところから来た方向を取る

駐車場から小高い丘の階段を上ると尾根沿いに歩道が

整備されています。

岬の入り口に門があります。「女人禁制の門」です。

神威岬は江戸時代末期の1856年まで女人禁制との事でした。岬へ通じる歩道から帰り道

この遊歩道は、今年の4月まで、がけが崩れて女人禁制の門を

くぐって6分ほど行った所までしか行けなかったそうです

積丹半島といえば、海の色が有名ですね。神威岬海岸

このエメラルドグリーンの海はほんと美しいです。

女人禁制の門の前を上に遊歩道を上がっていくと

旧日本軍の遺構が残っていました。

それは「電磁台」(電波探知塔)のことです。電磁台

明治37年、神威岬沖合いにロシアの艦隊が

たびたび出没していたため、住民を守る目的で

監視所が置かれたそうです。電磁台 説明


人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2