浜益富士を見ながら、硫黄の匂いの浜益温泉。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

浜益富士を見ながら、硫黄の匂いの浜益温泉。

留萌方面から海岸沿いを走る国道231号を
浜益に入ると浜益温泉(浜益保養センター)の看板が有った。

「温泉にでも入ろうか」と、その方向の道路に入った。
この道路は、国道231号から入ってから判ったのだが滝川方面に通じる
国道451号線と言うそうである。

とにかく道路を進むと、やがて左側にひときわ目立つ
表現は良くないが”花札のボウズ”にそっくりな山が見えた。
地元では、「浜益富士」といっている、黄金山である。

黄金山を見ながら温泉に着くと、
駐車場も広くゆったりで来そうな予感を感じた。

中に入ると、休憩室も広いし家族4人で入って午前中デモ(昼近く)有ったが、ゆったりくつろげた。
浴室に入ると、何となく硫黄の香りがプーンとしてくる。

硫黄の香りがする温泉は久しぶり、ニセコ五色温泉「雪秩父」、川湯温泉、登別温泉と
硫黄の有名温泉は有るけれど”構えていく名湯”ばかり、
気楽にす〜っと行けるような場所ではない。

ここは内風呂、露天風呂がゆったり広く、露天風呂にも洗い場がある。
天気が良かったせいも有って露天風呂で長い間過ごした。

浴室から上がってから売店での品揃えも豊富で、
家族別々の食事をとることが出来、
家族皆が満足と言ってくれた。

家族で来てもリーズナブルな日帰り温泉に、今度も時々やって来たいと思った。

浜益温泉(浜益保養センタ)ーホームページからのデータ
温泉と浴場の仕様
●泉質  ●硫黄カルシウム・ナトリウム塩化物泉
●効能   ●神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・痔疾・きりきず・やけど・糖尿病
●浴場施設 ●露天風呂(男女別)●大浴場●泡風呂●タオル\150
●休憩室 ●無料あり
●有料あり(1人2時間まで\210・1時間延長ごとに\100)
●日帰り入浴料金 ●大人\500●小人\250●税込
●日帰り入浴営業時間 ●午前10:00〜午後9:00
(11月1日〜3月31日の期間は午後8時まで)
浜益温泉(浜益保養センター)ホームページ:http://www.n43.net/onsen/hamamasu/index.htm

【石狩 名産品】


人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2