石狩市浜益の千本ナラはパワースポットで森の巨人。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

石狩市浜益の千本ナラはパワースポットで森の巨人。

国道231号を留萌方面から札幌へ向かっていると

浜益市街を出て間もなく千本ならへ行く案内看板を見かけた。

近くには、毘砂別バス停があり、どうやらここが千本ナラへの

道の入り口らしい。

この道路、毘砂別・送毛線と言うのだそうです。

案内看板では、「それほど遠くでは無い、5分ほど?」と勝手に思っていたが

蛇行する上り道になってから,なかなかその場所にたどり着かない。

「道を間違えたのかな?!!。」と、思いながら走る。
千本ナラ

反対側から下りてきた人(観光客らしかった)に、

「この先に千本ナラがありました」

と、確認をする始末。

「ああ〜、もうすぐそこに有りますよ!」の答えに”ほっと”する。

ちょっと行くと、なるほど目の前に看板がある。

何か相当山奥に来た感じがする。

千本ナラをやっと見ることが出来た。
千本ナラのパンフレットによれば、

「8百年の歴史を刻み、今も千手観音のごとく光り輝く...」

「鎌倉幕府開府の頃から千本ナラは浜益を見守り続けている」と、言う事らしい。

何か、ちからを頂けるような気がして、千本ナラを拝ませていただいた。

紛れもないパワースポットです。


帰りは、この先の”送毛”と言うところを通って国道231号線へ合流できる

とパンフレットの地図に載っていたので、行ってみる。浜益千本ナラ

最初はちょっと道路らしかったが、下り坂にさしかかると

二度と戻れないような細い道になった。

蛇行している下り坂は舗装はもちろん無く、寂しい道のりであった。

”送毛”の近くに来たときホッと一息ついた。

なるほど、パンフレットのとおり、後は舗装道路で231号に無事合流出来たのでした。



人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2