卒業前に阿寒湖のマリモとふれあい。 - 癒し雑記帳

RSSホーム

卒業前に阿寒湖のマリモとふれあい。

阿寒湖といえばマリモ。
ここにしか無い天然記念物であり、冬は氷の下の様である。
今年の2月末の阿寒湖を訪れた時はまさに凍り一面、マリモも凍っているのではないかと心配になるほど。
阿寒湖.gif

この氷の下のマリモを「卒業して地元を離れても阿寒湖のマリモをずっと心に刻んでほしい」と、地元中学を今年卒業する生徒に手に取って触れさせた様子が記事としてありました。
卒業生のふるさとが「マリモのふるさと」とは、いいですね。
以下引用【釧路新聞【】2007-03-11
卒業前にマリモとふれあい、阿寒湖中学校
釧路市立阿寒湖中学校(津田順二校長)の3年生が9日、阿寒湖の氷の下にいる国の特別天然記念物マリモを観察し、実際に手に取って触る体験をした。氷の下のマリモは普段見ることができないが、卒業して地元を離れても阿寒湖のマリモをずっと心に刻んでほしいと、10年前から阿寒湖のマリモ保護会(松岡尚幸会長)などが協力して同校の生徒のため特別に行っている。
マリモを触った庄内竜也君は「見た目はスポンジみたいだけど、意外と固かった。マリモに触れるのは一生に1度あるかないかなのでうれしい」と感激の面持ちで話していた。    



人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2