早くも春の気配、伊達市内でフクジュソウの花咲く - 癒し雑記帳

RSSホーム

早くも春の気配、伊達市内でフクジュソウの花咲く

2007年平成19年元旦に北海道神宮に初詣に行ってきました。

あったかい日で「初詣客も例年より多いのかな」と、思ったくらい大勢の人がいました。

歩道を滑りながら参道を歩いていきましたが、境内に入るとやはり凛とし、空気の張りを感じてきました。

毎年お願い事はたくさん持っていくのですが、今年もいっぱい詰めていきましたが賽銭がともなっていないので、ご利益は期待薄いのですが。

でも、福と寿が既にやってきたとの報、今年は縁起を担いでも良いのかな?

福寿草の開花があったとの事。
以下全文引用<室蘭民報>2007/1/4
 伊達市南黄金町の福祉施設職員、塙武夫さん方の庭先で、早くも春の使者・フクジュソウがかれんな花を咲かせている。ほとんど雪が見られない市内はすっかり春めいている。
 キンポウゲ科のフクジョソウは草丈10―25センチ程度の多年草で、道内では2―4月に鮮黄色の花を咲かせる。塙さんが庭にフクジュソウを植えたのは10数年前。春先になると一面黄色い花が広がる。

 昨年の開花は大雪で例年より3週間遅い2月中旬だったが、今季は先月28日。「暖かいとはいえ正月前に咲くとは思ってもみなかった」と塙さんもびっくり。「毎年きれいに咲いてくれてありがとう」と妻の春子さんとともに笑顔を見せ、新春から縁起がいいとご機嫌だ。


人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2