QRコードを添付したシクラメンの出荷開始 - 癒し雑記帳

RSSホーム

QRコードを添付したシクラメンの出荷開始

シクラメンは、冬の代表的な癒し系の花ですね。
地中海原産で,現地ではその球根の形から「ブタノマンジュウ(豚の饅頭)」という名前で呼ばれているようです。和名は「カガリビバナ(篝火花)」とのことです。
花びらが上に反り返るので,篝火に見えるからでしょう。赤いシクラメンならその通りでしょうね。
家のの鉢植えたちがしょぼくれている中、きわだって元気に咲いてくる花。
「シクラメンのカホリ」の曲にもなりましたが、この花が話題になるとクリスマスを連想するのですが、もうそんな時期なの?と季節においていかれそうです。
以下引用<道北日報>2006/11/11
【剣淵町】 QRコード付きのシクラメンの出荷始まる
剣淵高校農業国祭コースの生徒らが育て、QRコードを添付したシクラメンの出荷がこのほど始まった。
学校農場内のハウスには昨年12月に種をまき、生徒らが1年かけて世話をした5千鉢のシクラメンが並んでいる。
出荷されるシクラメンにはカメラ付き携帯電話で読み取ることのできる「QRコード」を添付している。
QRコードは生産履歴の公開、消費者との信頼関係構築に関する学習を深める目的で、7月から校内の直売所である剣高ふれあいハウスで販売したグロキシニアなどに添付。
コードをカメラ付き携帯電話で読み取ると、播種・移植・鉢上げの日付、用土・施肥・防除に関する栽培履歴、購入後の管理や手入れの仕方などの情報を掲載したホームページを見ることができる。



人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2