苫小牧ウトナイ湖や厚岸水鳥観察館、冬を告げる渡り鳥、続々飛来 - 癒し雑記帳

RSSホーム

苫小牧ウトナイ湖や厚岸水鳥観察館、冬を告げる渡り鳥、続々飛来


ガン・カモ類やハクチョウが北海道内に癒しの場所を求めて続々と飛来しています。

本州方面への移動途中の癒しの場として留まっているとの事であるが、

地域の人間との癒しのコラボレーションに感動をみる光景でもあります。

冬の使者・オオハクチョウが飛来し、別寒辺牛川周辺で

羽を休める姿が13日から始まり、付近に訪れる人の目を楽しませているもよう。


<釧路新聞>2006-10-15
http://www.news-kushiro.jp/news/20061015/200610157.html

<苫小牧民報>2006-10-13
http://www.tomamin.co.jp/2006/tp061013.htm



人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら”ポチッ”とお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ソースリスト2